2017年05月02日

フレームアニメーションのベースプログラム(時間の取得にtimeGetTime()を使用)

フレームアニメーションのベースプログラム(時間の取得にtimeGetTime()を使用)

※このキーフレームアニメーションのひな形を使うにはプロジェクトのプロパティの項目、構成プロパティのリンカーの追加の依存ファイルにwinmm.libを追加のこと

posted by lemonte at 17:36| Comment(0) | DXライブラリ

フレームアニメーションのベースプログラム(DXライブラリのGetNowCountを使用)

DXライブラリ用のゲームメインループのプログラムです。GetNowCountを使用しています。
posted by lemonte at 14:17| Comment(0) | DXライブラリ

DXライブラリのVisualStudio Community 2017のプロジェクト作成方法

DXライブラリのVisualStudio Community 2017のプロジェクト作成方法です。

公式サイトもご覧ください。



dxlib_vs2017_01.png
ファイル(F)をクリックして、新規作成(N)、プロジェクト(P)と選択していきます。

dxlib_vs2017_02b.png
新しいプロジェクトのウィンドウが開きます。
1.左側メニューは VisialC++、Win32と選択します。
2.Win32プロジェクトを選択します。
3.下の入力項目の名前(N)には作成プロジェクトの名前(ここではdxlib_gameとします)を入力します。
4.場所は作成フォルダの場所を指定します。参照(B)ボタンで変更できます。例ではC:\user\DXLibGame\dxlib_gameのようにフォルダが作成されます。
5.OKをクリックすると次に進みます。

dxlib_vs2017_03b.png
Win32アプリケーションウィザードのウィンドウが出ますので、次へ > をクリックします。

dxlib_vs2017_04b.png
アプリケーションの種類は Windowsアプリケーション(W) を 追加のオプションは 空のプロジェクト(E)をクリックします。

dxlib_vs2017_05.png
プロジェクトが作成されます。

dxlib_vs2017_27.png
アニメーションフレームのベースを作成します。
※ソースコードを1つでも作成しないと、プロパティページでC/C++の設定項目は現れません。
ソースファイルを右クリックして、出たメニューの追加(D)の新しい項目(W)と選択します。

dxlib_vs2017_28.png
新しい項目の追加のウィンドウが出ます。
1.左側のインストール済みは VisualC++ を選択して、C++ファイル(.cpp)を選択します。
2.名前(N)を FrameMain.cpp と名前を入力します。
3.追加(A)をクリックします。

dxlib_vs2017_29.png
FrameMain.cppというファイルが作成されます。

dxlib_vs2017_30.png
アニメーションフレームのソースコードをGithubからコピーペーストします。

dxlib_vs2017_10.png
メニューから プロジェクト(P)をクリックして、[プロジェクトの名前]のプロパティ(E)をクリックします。

dxlib_vs2017_11.png
構成(C)のvをクリックして、メニューの中の すべての構成 をクリックして変更します。

dxlib_vs2017_12.png
1.左側のメニューは 構成プロパティ の 全般 をクリックします。

2.右側の 文字セット の項目を vボタンをクリックして、マルチバイト文字セットを使用する をクリックして変更します。

dxlib_vs2017_13.png
左側リストからC/C++の三角ボダンをクリックして、その中の 全般 をクリックします。

dxlib_vs2017_14.png
追加のインクルードディレクトリ をクリックして、vボタンをクリックして、<編集...>をクリックします。

dxlib_vs2017_15.png
追加のインクルードディレクトリ のダイアログボックスが出るのでフォルダのアイコンをクリックして選択ボタン[...]をクリックします。

dxlib_vs2017_16.png
DXライブラリをインストールしたフォルダの[プロジェクトに追加すべきファイル_VC用]を選択します。

dxlib_vs2017_17.png
設定したらOKをクリックします。

dxlib_vs2017_18.png
設定ができていることを確認してから、適用をクリックします。

dxlib_vs2017_19.png
同じくリンカーにもライブラリを設定します。
1.左側リストからリンカー、全般 とクリックします。
2.追加のライブラリディレクトリをクリックして、(v)をクリックして、をクリックします。

dxlib_vs2017_20.png
追加のライブラリディレクトリのダイアログボックスが出るのでフォルダのアイコンをクリックして選択ボタン[...]をクリックします。

dxlib_vs2017_21.png
先ほどのライブラリの設定と同様に、DXライブラリをインストールしたフォルダの[プロジェクトに追加すべきファイル_VC用]を選択します。

dxlib_vs2017_22.png
設定ができていることを確認してから、適用をクリックします。

dxlib_vs2017_23.png
構成(C)の(v)をクリックして一覧からReleaseをクリックして切り替えます。

dxlib_vs2017_24.png
C/C++ の コード生成 をクリックして、ランタイムライブラリ の選択をマルチスレッド(/MT)に変更して、適用をクリックします。

dxlib_vs2017_25.png
構成(C)の(v)をクリックして一覧からDebugをクリックして切り替えます。

dxlib_vs2017_26.png
C/C++ の コード生成 をクリックして、ランタイムライブラリ の選択をマルチスレッドデバッグ(/MTd)に変更して、適用をクリックします。

OKをクリックするとエラーが無くなり、実行が可能となります。
posted by lemonte at 01:45| Comment(0) | DXライブラリ